東京の解体ならお任せ下さい。

解体レスキュー

東京の解体【ポイントとFAQ】

山本建設株式会社では、東京でも各種解体工事を請け負います。
できるだけ安く、自宅やアパートやビルの解体を行いたいとお考えの方は、迷わず弊社にお任せください。
解体工事で出る廃材を徹底的に分別することや、余計なコストを徹底的に削減することにより、どこよりも安く解体工事を請け負います。
間に業者を入れないで、直接当社が工事を行いますので、より解体費用を抑えることができます。

解体 東京

はじめて解体工事を依頼する方は、そもそも工事費用の相場もご存知ないことだと思いますが、当社ではどなたにも分かっていただきやすいように、基本料金を1坪あたりの金額にて定めています。
もちろん他社と料金を比較していただいても構いませんし、相見積りは大歓迎です。
きちんとご納得したいただいた上で、当社までご依頼ください。
大きな建物や住宅以外でも、どんな小さな工事にも喜んで対応させていただきます。
解体工事を行う前には、トラブルが起きないよう、近隣住宅へ工事の説明をするための挨拶回りを実施いたします。
横浜市にある解体工事業者ですが、東京でも数多くの工事実績はあり、無料で現場までお見積りにお伺いいたします。
まずはお気軽に何なりとご相談ください。
皆様からのお問合せを、心よりお待ちしております。

01解体業者とは

解体業者とは、家屋などの建物を取り壊すことを仕事としている業者のことで、アパート、マンション、ビル、工場などさまざまな建築物を解体して、それによって出た廃材やゴミなど全てを廃棄してもらうことができます。
業者によって得手不得手があって、木造住宅の取り壊しを専門に行っている業者もあれば、鉄筋コンクリート造りの解体を主に手掛けている業者もあります。
解体業者は今でも解体屋とも呼ばれていて、その歴史はかなり古いとされています。解体屋は明治時代には存在していたと言われており、それ以前では大工やとび職などが家屋などの取り壊しを行っていました。
明治初期に解体工事を専門に行う業者が誕生し、当時の建物の大半は木造でしたが、コンクリート造りの建物もハンマーなどを使用して手作業で取り壊していたようです。
昭和40年代に入ると、重機を利用した解体作業が一般的となり、今ではワイヤーソーやウォータージェットなどを使用した新しい解体方法も誕生し、時代に合わせて解体技術はどんどん進化を遂げています。
解体工事を行う作業員は解体工と呼ばれ、特に重機を扱うオペレーターには解体作業を安全でスムーズに進めるための経験と技術が必要となります。

02初めて解体工事をするときに気をつけるべきこととは

初めて解体工事を行うときには、いろいろな手続きが必要になりますが、自分で家などの大きな建物を取り壊せる人はいないと思いますので、ほとんどは専門の解体工事業者に依頼することになります。
そうなると複雑な手続きや申請も業者に代行してもらえて、面倒なご近所さんへの挨拶も任せることができます。しかし、全ての作業を業者任せにすることはできなくて、自分で行わなければいけないこともたくさんあります。
たとえば、建物の中にリサイクル品が残されていた場合は、まとめて業者に依頼して処分してもらうこともできますが、それを買取に出してもらうことはできません。
解体工事業者が買取にも対応していない限りは、自分でリサイクルショップなどを見つけて事前に処分しておかなくてはいけません。
また、解体工事を終えた後には建物抹消登記という手続きを行うことが、不動産登記法により決められていて、それは解体工事が完了した1ヶ月以内に行うことが不動産登記法57条で定められています。
もしもこの手続きを怠った場合は、スムーズに土地を売却できなくなるだけではなく、固定資産税が課されたり、過料に処されたりすることもあるので注意してください。

初めて解体工事をするときに気をつけるべきこととは

03解体工事を行うときに良くある3つのお悩みを紹介

1.解体で出たゴミはしっかり処分してもらえる?
悪徳業者でない限りは、解体で出た廃棄物はリサイクル法などにもしたがいきちんと処分してもらえるので心配はいりません。
腕の良い解体業者では、重機を操作するオペレーターなどが、作業をしながらゴミの仕分けを完璧にして、迅速に費用ができるだけかからないように対処してくれるので、解体業者を選ぶときのポイントにするといいと思います。

2.もしも解体業者が不法投棄したらどうなる?
廃棄物はきちんと処分してくれるとは言え、万一解体業者が不法投棄をした場合に依頼した方に何らかの責任があるの?と心配される方も少なくないようです。
その場合は依頼者にも指導が入ることもあるので、事前にマニュフェストの確認を必ずしておかなくてはいけません。

3.近隣への挨拶はどうすればいいか心配
解体工事には、騒音やゴミの飛び散りなどが付き物なので、工事中に近隣住宅に迷惑をかけるのでは?と心配する方も少なくありません。
ほとんどの解体業者は、依頼者に代わって近隣への事前の挨拶を行うので心配することはありません。
事前に近隣への挨拶の説明がない場合は確認して、それをしないような業者には依頼しない方がいいと思います。

04解体工事の種類と内容を紹介

世の中にはさまざまな種類の建物がある分、建物解体工事にもそれに合わせて多くの種類があります。一口で解体工事と言っても、建物によって工程も作業の仕方も変わってきます。
木造解体工事とは、主に一般住宅を解体する工事を指し、木を主体として造られた建物を解体します。
S造解体工事とは、金属が軸となって組み上げられた構造物を解体する工事で、主には店舗や工場などの構造物が当てはまります。内装材を撤去した後に軸である部分を取り壊していきます。
RC造解体工事というのは、RCと呼ばれる鉄筋コンクリートにて組み上げられた構造体を解体する工事のことです。この工事の特徴としては、粉塵がかなり発生するため、事前に粉塵対策を行う必要があります。
内装解体工事とは、事務所やマンションや店舗や住宅などの内部を撤去する工事を指します。外観はそのままにして、建物の中をスケルトンの状態にしていきます。最近ではリノベーション工事をする方が増えているので、内装解体工事の需要も高まっています。
建物以外にも、建築物の周辺の外構を取り壊すのも解体工事の一種で、対象物としてはブロック塀、擁壁、アスファルト、コンクリートなどが挙げられます。

FAQ一覧

PageTop