業者によって解体工事費用に大きな差が出る理由|東京、横浜を中心に一般住宅からビル、工場、店舗、内装解体まで、解体工事のことなら山本建設株式会社にお任せください。

解体レスキュー

質問

業者によって解体工事費用に大きな差が出る理由は?

近頃めっきり両親共に元気がなくなってきて、今度長男の責任として東京の実家に家族で移り住むことになりました。
妻は両親のお気に入りで、嫁姑問題は大丈夫だと思いますが、それでも常に一緒に暮らしていると、何が起きるか分からないので、両親ともしっかり話し合って、お互いのプライバシーを守れる二世帯住宅に建て替えることにしました。
そこで少しでも費用を安くしようと、複数社から解体工事の見積りを取りましたが、業者によってかなり金額に違いがあって驚いています。
貴社が最も見積金額が低くて、印象も良いのでお願いしようと考えていますが、これだけの差が出る理由は何ですか?

回答

利益の取り方や中間マージンで大きな違いが。

解体工事には、建物を取り壊すための人件費や重機の他にも、養生費用や解体して出たゴミを処分する費用などがかかります。
それぞれの原価が業者によって異なることから、どうしても見積金額にも違いが出ます。
それに加えて、業者によってどのくらいの利益を取るかが異なり、通常百万円以上する解体工事では、利益率が1割変わると十万円単位で違いが生じ、原価が高いほどその差は広がります。
さらに、ハウスメーカーや大手建設会社や工務店などに解体工事を依頼すると、ほとんどは下請け業者に任せて、中間マージンが上乗せされますが、当社ではそれが一切発生しないため、解体費用を安くできます。

PageTop