解体工事で近隣に連絡がないのは普通か|東京、横浜を中心に一般住宅からビル、工場、店舗、内装解体まで、解体工事のことなら山本建設株式会社にお任せください。

解体レスキュー

質問

解体工事を行う場合、近隣に何も連絡がないのは普通なのでしょうか?

私は東京23区内の下町情緒ある地域に住んでいます。私の住んでいる家の周辺は古い家をリノベーションしたり、解体して更地で売却する人が増えていて、新しいお店や飲食店が増えました。周りが新しくなるとうちの古さが目立つような気がします。先週、長く空家だった戸建てを解体するのか、足場が建てられ、朝8時くらいから解体が始まっていました。私と父は家を出る時間でしたが、同居している祖父母は朝から賑やかな音を耳にすることになり不快だったようです。でも一時のものと我慢しましたが、我が家の裏庭に砂のようなものが飛んでいたり、道路にもコンクリート片のようなものが落ちていたのを見てちょっとずさんな感じがしました。何日続くのかも分からず、何の連絡もしてくれないことにいら立ちを感じました。このようなことは普通なのでしょうか?

回答

近隣の皆様へのご挨拶や事前連絡を行うのが適切な対応です

優良な解体工事業者であれば、工事の日程や内容などを事前に近隣のご家庭にお知らせし、工事当日にも改めてご挨拶に伺います。
ご近所へのご迷惑が最小限となるよう工事の時間帯も考慮し、粉塵などが舞うのを極力抑えるよう工夫してくれます。
解体時のゴミ処分や掃除もキレイに行い、道路に放置するなどはありえません。通行人がケガをされたり、走行する車への影響も出るからです。解体工事業者を選ぶ際は、そのような基本的なことを第一に考え、自社施工により一切の責任を持って工事に取り組む業者を選ぶのが賢明でしょう。

PageTop