東京都内の木造アパートを解体|東京、横浜を中心に一般住宅からビル、工場、店舗、内装解体まで、解体工事のことなら山本建設株式会社にお任せください。

解体レスキュー

質問

東京都内の木造アパートを解体しようか迷っています

両親が大家として貸出していた古い木造アパートがあるのですが、高齢になり、そろそろ処分しようかと考えています。
そのまま売りに出しても買い手がつかないかもしれません。
建物ごと売却するよりも更地にしてから土地だけを売却するほうが良いという意見があり、迷っています。
解体業者に頼む相場はいくらぐらいなのでしょうか。
都心ではないのですが、まわりは住宅に囲まれています。
近隣住民の方とのトラブルも避けたいのですが、どうすればスムーズにいくでしょうか。

回答

業者選びを慎重に行い、気になることは事前に確認しておくのがおすすめです

解体料金はさまざまな要素によって異なるので、一概に相場がいくら、とは言えません。
建物の材質、構造、周辺の土地の状況などによって変わってきます。
木造住宅であれば鉄骨などの建物の解体よりは安い場合が多いです。

また、大手のハウスメーカーなどに依頼してしまうと中間マージンの分10%から30%ほど高くなってしまうので、解体業者に直接依頼するのが節約につながります。
解体中の近隣とのトラブル防止は解体業者の対応次第です。事前に挨拶をしっかり行ったり、粉じん対策の養生シートをきちんと張ったり、基本的な部分ができていない業者もあります。

まずは見積もりを相談すると同時に近隣への対策をどのように行っている業者なのかきちんと見極めて選ぶことが大切です。

PageTop