横浜の解体ならお任せ下さい。

解体レスキュー

横浜の解体【ポイントとFAQ】

横浜で解体工事が必要な方は、解体レスキューの山本建設にお任せください。
解体工事は大手建設会社に任せておけば間違いない、古い家を解体して新しい住宅を建てる場合は、施工会社であるハウスメーカーや工務店に解体工事も任せればいいだろう、と安易に考えてしまう方も多いようですが、これらの業者に解体工事を依頼する場合は、ほとんどが下請け業者を雇い、工事が行われます。
当然下請け業者を雇うわけですから、中間マージンが発生することになり、その分は依頼主の負担となります。

解体 横浜

その点直接弊社にご依頼いただければ、余分な中間マージンの負担は必要ありませんし、請負業者と顔の見える取引ができる大きなメリットがあります。
弊社には、一般住宅からアパート、マンション、店舗、工場、内装解体まで、これまで数多くのあらゆる建物を解体してきた実績があります。
解体工事には近隣からのクレームもつきものですが、弊社では工事前から近隣住宅などへご挨拶に周り、その他考えられる近隣対策もしっかり行いますのでご安心ください。
解体工事でご質問がある方は、どうぞお気軽に当社までお問合せください。
相談はもちろん、お見積りにも完全無料で対応しております。

01横浜・東京の解体工事専門業者とは?

解体工事は建設会社やハウスメーカーが行うもので、個人が直接関与して行うイメージはほとんどないでしょう。解体を経験する機会があれば初めてのケースが多く、どこに依頼してよいのか悩まれると思います。
大手建設会社やハウスメーカー、工務店が請け負う工事でも、解体を行うのは下請けの解体業者です。これまでは下請けと言うポジションで仕事を受けていた解体業者ですが、近年では営業力やコミュニケ―ション力を強化し、中間業者を介さずお客様と直接交渉する業者が増えています。お客様は中間マージンが発生しない分、費用負担が減るため大きなメリットがあり、直接依頼出来ることで安心度も高く、一任できます。
横浜に積極的な営業で直接交渉を進めている解体専門業者があります。これまでの豊富な経験からお客様の求められることは十分に理解されているのが強みです。
見積もり作成から行政への許可申請、施工から完了まで、解体工事に関わる全てを自社で執り行っています。工事中、近隣の皆様へのご迷惑が最小限となるよう、丁寧な挨拶を欠かさず、ご依頼者様の立場を尊重する振舞いに定評があります。
建物の解体、内装の解体が必要な際にお勧めしたい会社です。

02解体工事を検討されている方、依頼されるのが初めての方

築年数が経過した家のあちこちに劣化が見える場合、売却して得たお金で新しい家の購入を検討されることがあるでしょう。
不動産会社へ仲介してもらい売却活動を始めたものの売却が難しい場合、古い家を解体して更地にした方が売りやすいこともあります。
その時に気になるのは解体費用でしょう。解体費用が決まる要素についてご説明したいと思います。
まずポイントとなるのは構造と広さです。
基本的に固い構造体で出来ている建物ほど解体時に重機や職人の人数が必要となり、工事の手間が増えるため費用が高くなります。多くの場合で鉄骨鉄筋コンクリート造は木造よりも高額であると言えます。建材によって廃棄代や壊し方が変わるため、壊しにくい建材もコストが高くなります。また、広いほど解体面積が増えるためコスト増となりますが、2階建て、建物の地下に構造体がある場合も解体費用はアップします。
さらには建物の立地条件も重要なポイントです。重機が入るスペースがない場合は、人力で解体することになり工期が延びることに繋がります。敷地上に電線があり、重機のアームがぶつかるケースや傾斜地、旗竿地などの重機が制限される変形立地の場合も費用が高くなる傾向です。そして、廃棄する建材の量により運搬コストや処理コストが変わり、解体費用に影響します。
そのため、住宅の解体を検討されている場合は解体業者に現場を確認してもらった上で見積もりしてもらうことが重要です。

解体工事を検討されている方、依頼されるのが初めての方

03建物解体時の3つのお悩みについて

一軒家や建物の解体を個人の方が経験されることは珍しく、解体について良く分からないと言う方が多いものです。住宅一つをとっても、その立地条件、構造はそれぞれですから解体方法、解体費用も異なるため相場があってないようなものとも言えます。
解体を検討されている方が持たれているお悩みから3つを挙げてみました。

1.解体費用には何が含まれますか?
→解体工事の見積もりには、解体費用、廃材処理費、整地費用が含まれるのが一般的です。建物の構造、大型の作業車が出入りしやすい立地であるか、周囲との近接状態などによって見積もりが変わります。

2.解体費用を安く抑える方法はありますか?
→解体費用を抑えるためにご自身で出来る工夫としては、
・家財道具は全て処分して残置物を失くす
・敷地内の雑草の除草、庭木の伐採をしておく
以上のことで解体に関わる費用を抑えることに繋がります。数十万から数百万の違いが出ることもあるため、事前対策を行うのが賢明です。

3.解体工事にかかる日数の目安は?
→解体工事の日数は解体面積や解体方法、天候により大きく変わりますが、短くても1週間、廃材処理や整地を含めて最低でも10日以上はかかるのが一般的です。
解体工事を依頼する場合は、ある程度日数のゆとりをもって計画されるのがよいでしょう。

04解体工事の工法の種類とは?

古い建物やその周囲にある塀などを取り壊し、その土地を新しい用途にする場合、必ず行われるのが解体工事です。
解体工事には様々な種類があり、作業手順は複雑で、解体する建物の状態によりその工法や、解体後のがれきの運搬、処理も異なります。
解体工事には大きく分けた場合、3種類の工法があります。
・手壊し工法 解体工事で基本と言われ、人力で建物を解体する工法です。人の手によって行われるため騒音や振動が抑えられ、精度の高い解体が可能です。人力のため、大規模な解体作業には適しておらず、工期がかかったり、コスト高になる傾向です。そのため、道路が狭く重機が入れない場所や、特別な事情がある物件の解体に用いられることが多いです。
・重機併用工法 手壊し工法に加えて、重機を用いながら解体工事を行うのが重機併用工法になります。人力と重機それぞれの強みを発揮して作業を進めるため効率が良く、工期やコスト面でバランスが取りやすい、一般的な解体工法です。
・圧砕機工法 鉄筋コンクリートのような頑丈な建物を解体する際に用いられる工法で、1970年代中頃から現代に至るまで、鉄筋コンクリート解体の主流となっています。
油圧クラッシャーやショベルなどの圧砕機と呼ばれる機器をバックホーなどのベースマシンに取付け、その力で鉄骨や鉄筋を切断し、解体していくものです。

05横浜の解体業者の施工工事対応エリア

所有されている建物の老朽化により建て替えをされる際や、更地にして土地を売却される際などに解体工事が必要です。
建設会社に依頼した場合に解体を行うのは、解体工事を専門とする業者であり、依頼先の指示・管理下で工事を進めています。当然のことながら中間マージンが含まれた見積りとなり、クライアント様の負担になっています。
横浜本社の解体工事業者は、自社営業でクライアント様と直接交渉を行い、工事の受注を受けています。クライアント様にとっては数十万円単位のコストダウンに繋がり、スムーズな進行も可能ですから、大変大きなメリットとなります。
どの業種、分野においても中間業者を通さず、ダイレクトな仕組みに切り替えている傾向です。そうすることで、コストや時間の無駄をなくし、適正価格で、品質、サービスの向上に繋がると考えられるからです。
建設業界でも同様の動きで、シンプルなビジネスの構図へと変化している事がこの解体業者の例からも見て取れます。
こちらの会社は、横浜を含む神奈川県、東京都を対応エリアとしていますので、解体工事を検討されている企業様、個人様は直接交渉されてはいかがでしょうか。

06横浜の建物解体業者へ依頼する場合の解体費用の詳細について

建物の解体をしなくてはいけなくなった時、どこに頼めばよいか分からず困ってしまう方もいるでしょう。
「個人が解体業者に直接依頼できるとは思っていなかった」という声を耳にしますが、解体工事は解体専門業者に依頼するのが最もコストを抑えられますし、ご相談やご要望に迅速対応をしてもらえます。解体工事を検討される際に気になるのは費用の目安ですが、見積りの内容をよく確認するのがポイントです。横浜の解体業者に基本料金の詳細を聞いてみました。こちらの会社では工事規模に関係なく、どなたでも依頼しやすいよう、基本料金を一坪単位で定められています。

横浜の建物解体業者へ依頼する場合の解体費用の詳細について

解体工事基本料金に含まれる作業
解体作業/養生費/廃材撤去、運搬費/廃材処理費/工事に関する様々な必要書類の作成、提出/工事前の近隣への挨拶周りなど。
建物一棟丸ごとの解体だけでなく、内装のみの解体も行っています。
ご相談やお見積りは無料です。他社で見積りを取られたものの不安がある方や、相見積もりを取って比べたいという方にも好意的に対応していますので、お気軽に問い合わせされるとよいでしょう。

07横浜の解体業者がお見積り書作成時に調査する3つのポイント

建物の解体を業者に依頼する際、どのような工事の流れであるか、どこまでの手続きを代行してもらえるのか分からないものです。
横浜の解体専門業者に工事の流れとともに、お見積り作成時に調査する3つのポイントをお聞きしました。
解体工事の流れ
@現地調査、見積作成
現地調査で確認する3つのポイント
・建造物、構造形式の確認調査
・アスベスト含有の確認調査
・作業環境、周辺道路、近隣環境の確認調査
以上を元に見積書を作成。工事工法や費用の内訳について説明。

A解体工事正式ご契約
お見積りにご納得の上で正式な契約の締結(契約書)を行います。その後、各関係官庁への届け出(建設リサイクル届・特定建設工事届)やライフライン撤去手配(ガス、電気、電話)などの依頼を業者から手配。

B近隣への工事挨拶とご説明
解体工事の工法、工期、振動や騒音、粉塵などが発生する旨を業者から直接ご説明に伺い、最小限にとどめて作業を進めることをお伝えします。

C解体工事
内装解体→建物の外周に単管足場を設置→重機による解体作業→整地作業

Dお引渡し
後日、建物滅失証明書が発行されます。

08横浜の解体工事専門業者と他社との違い

2018年に総務省が行った平成30年住宅・土地統計調査によると、日本全国の空き家数は846戸あり、空き家率は13.6%と過去最高となっている現状です。
空き家が示すのは、賃貸用の住宅で現状空き家であるもの、売却することを目的とした空き家住宅、別荘などの二時的住宅、空き家の原因が不明である住宅に区分されます。日本人は新築住宅を求める傾向にあるため、特に古い家や郊外の家は買い手や借り手が少なく、空き家が残ってしまう要因となっています。
空き家を放置しているとメリットはなく、デメリットと様々なリスクが増えるため、空き家対策が進められています。その中には、空き家を解体し、更地にして土地を売却したり、土地活用するなどの解決策があります。
神奈川・東京で解体を検討されている方にお勧めな解体専門業者は、個人様・企業様問わず直接依頼することが出来ます。こちらの会社と他社との違いを挙げてみました。

・解体工事を直接依頼するため、中間マージンが発生しない。
・工事の基本料金は一坪単位で計算
・工事に関する公的書類の作成や提出を代行
・工事前の近隣へのご挨拶まわり


以上のような解体工事にまつわる様々な必要作業各種がプランの中に含まれ、他社よりもはるかにお安く、適切な解体工事を依頼することができます。業者選びの参考にしてください。

09横浜の解体業者への相談事例

建物一棟の解体、リノベーションなどに伴う内装のみの解体などは解体業を専門としている業者が執り行っています。ただ壊せばよいというものではなく、建物の構造を調査し、作業環境や周辺道路、近隣環境を踏まえ、最も適した工事工法で進められます。
解体工事には振動や騒音、粉塵の発生が伴いますから近隣の方へのご迷惑が最小となる配慮や、ご理解頂ける業者の適切な対応も必要です。
横浜の解体業者を利用されたご依頼者の相談事例を挙げてみましょう。

横浜の解体業者への相談事例

横浜市内で空き家状態である住宅の解体についてご相談を頂きました。身内の方が他界されてから長く放置されていましたが、売却を進めるにあたり、劣化が目立つ状態から解体して更地にされることを決められました。ご連絡を頂いてから日時を決め、お見積りや周辺の現地調査のためにお伺いしました。解体を依頼するのは初めてとのことで、不安そうな面持ちでしたので、一連の流れを書面でご覧いただきながら説明させて頂きました。
住宅が密集している住宅地でしたが、重機と手壊し工法を併用した解体で問題なく行えると判断しました。正式な工事契約が締結しましたら、各関係各庁への届け出やライフライン撤去手配などの依頼を当社から行うことをお伝えすると、届け出はご自身で行うものとお考えだったようで驚かれていました。
当社では業務の一つとして行っており、ご依頼者様のお手数はかけません。丁寧かつ適切な手続き、対応を取りながら安全な解体工事を実施しております。

10横浜の解体専門業者によくある3つの質問

古い住宅の柱を残してスケルトン状態に内装解体し、リノベーション工事を行ったり、丸ごと解体して更地にしてから建て替え工事を行うなど、築年数の古い住宅の活用は様々です。
横浜で解体事業を専門としている会社に、お客様からよくある3つの質問を伺いました。
質問 市役所への届け出などはして頂けるのでしょうか?
回答 はい。正式な契約の凍結後、当社より各関係長官への届け出、ライフライン撤去手配の依頼を行います。
解体工事を行う場合は着工日の7日前までに各市町村へ建設リサイクル法の届け出が必要であり、届け出済シールと建設業の許可票を現場に掲示し工事を行う必要があります。法律に従い適切に工事を進めますのでご安心ください。
質問 大手の会社より料金が安い理由は?
回答 当社は解体工事を実際に行う専門業者です。大手建設会社のように下請け業者に解体を委託すると中間マージンが発生しますが、直接私たちにご依頼頂くことでマージンなしの低料金で解体工事が行えます。
質問 住宅が密接している地域ですが近所からクレームが来ない工事は可能でしょうか?
回答 近隣住民の方へ工事の説明とご挨拶に伺うことは勿論のこと、工事中は水をまきながら塵や埃を最小限に抑え、騒音の大きな作業については時間帯を常に考え施工致します。また、日曜日や祝日等に工事を行わない等、近隣の方に配慮した工程をお伝えさせて頂きます。

11解体業者選びの注意点について

POINT 解体工事を行う場合、解体業者に依頼するのが一般的です。さらには、安全にトラブルなく工事を進めるためには信頼できる業者を選ぶことがポイントになります。
ここでは、解体業者選びの注意点についてご説明しましょう。

●正規の許可・登録業者であるか
解体工事を行うためには、行政への許可や登録をしている必要があり、「一般建築業許可証」または「解体工事業登録」さらには、産廃物の適切な処理を行う「産業廃棄物収取運搬許可」などを得ている業者であるか確認しましょう。許可業者でなければ工事への信頼性を欠くと考えるのが賢明です。

●自社施工業者であるか
業者には、工事の受注だけを行い下請け業者に委託する場合もあれば、営業から工事、アフターサービスまで全てを自社で行う業者まで様々です。
下請け業者に委託する業者の場合、中間マージンが発生するため工事費用が高くなることや、工事における意思疎通の面でも不安があるなど、トラブルに発展する可能性がありお勧めできません。自社施工業者を選ぶのが費用面、安全面において適しているでしょう。

●マニフェストを発行している業者であるか
「マニフェスト」とは、産業廃棄物の管理伝票のことです。この伝票には、産業廃棄物の量や種類、運搬業者名や中間処理業者名、最終処分業者名などが記され、解体工事で発生した産業廃棄物の処分の流れを記載し、適正な処分が行われたことを確認することが出来ます。
法律により、排出者が発行、工事完了後5年間の保管が義務付けられており、依頼者もコピーを受け取ることが出来ます。マニフェストの発行を行っている業者であるか必ず確認しましょう。

12解体工事業界について

解体業界で近年問題視されていることの一つに価格競争が挙げられます。
業者によってその見積価格が異なることから「定価」というものがなく、少しでも費用を抑えたいと安い見積りの業者に依頼すると後から追加費用を請求されたり、近所からクレームが来るような解体方法であったりなどトラブルが絶えません。
かつては、「ミンチ解体」と呼ばれた廃棄物の分別を無視した解体工法が行われ、分別を省くことから短時間で安価に解体工事を行っていました。ところが平成14年に廃棄物の過度な発生量からもたらされる環境破壊を危惧し、建設リサイクル法が施行されました。それまでのミンチ解体は違法となり、弁別解体が義務付けされたのです。
解体工事は単に壊して廃棄場へ運ぶだけのものと安易に考えられがちですが、建物を取り壊す際には分別を考慮し、手間と時間のかかる工事です。その分、人件費も嵩みます。また、解体に必要な数多くの書類の作成、提出にかかる費用、重機使用時の燃料費や回送費、解体工事中に発生する騒音や粉塵を防ぐための養正シート費用や廃棄物の処分費用など、数多くの費用をかけて行っていることを理解しなくてはいけません。これは、小さな解体工事であってもビル一棟であっても同じことなのです。
解体工事を検討される際は、正しく適切な工事を行い、適正料金の解体業者を選ぶことが重要です。

FAQ一覧

お役立ち情報

解体工事はどこに依頼しても同じ? 解体業者はどこに依頼しても同じなのかという質問への回答が記載されています。
依頼先によって解体費用も異なり、何よりも業者選びを誤ると大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性があることなどを紹介しています。
アパートの解体にかかる費用の目安とは 横浜でアパートを解体して土地を売却したいという方からの、解体費用の相場に対する質問への答えを記載しています。
アパートの解体費用相場は坪3〜10万円ですが、その根拠について詳しく紹介しています。
解体工事業者が引き起こすトラブルにはどんなことがある?
解体工事業者が引き起こすトラブルでよくある事例を紹介しています。
慎重に優良企業を選ぶことでトラブルは回避できますが、万一のときのためにどのようなトラブルが起きるのか覚えていくのも良いことです。
家の解体工事業者を選ぶときの注意点とは
家の解体工事を任せる業者を選ぶときに注意すべき点について解説しています。
解体工事業者を料金だけで選択することが危険なことも分かるようになっているので、解体工事が必要な方はぜひご覧になってください。

PageTop