横浜の解体業者 山本建設株式会社のブログです

解体レスキュー
2019年01月23日 [東京解体]

解体工事を行うための準備

解体工事を行う際に、やはり気になるのはそれに掛かる費用でしょう。
解体工事費用の目安としては、坪単価で表記されることが多く、解体費用には解体費の他に、養生費、産業廃棄処分費、付帯工事費、事務手数料が含まれます。
一般の木造住宅の解体費用は、坪数が多いほど単価は安くなる傾向にあり、相場は20坪未満で20,000円〜、20〜50坪で18,000円〜、50坪以上で16,000円からとなっているので、複数の解体工事業者から見積りを取って、相場と比較して値段交渉を行うことをおすすめします。
気を付けなければいけないのは、付帯工事の部分で、これにはカーポート、庭木、庭石、土間などの撤去費用が別にかかるため、単純に坪数に目安になる相場の単価を掛けても、それを大きく超えている場合は、付帯工事の確認を忘れないようにしましょう。
近年空き家の増加が問題になっていて、一軒家の解体工事を行う際には自治体によって補助金がでることもあります。
補助金を活用できれば、もちろん工事費用を大幅に削減できるので、空き家の解体を行う際には、事前に補助金の有無を各自治体に確認しましょう。
また、解体工事を行う業者に腕の良いオペレーターがいる場合は、工期を短縮できる分解体費用も安くできる可能性が高くなり、産業廃棄物の処分の仕方によっても価格に差が出るので、その点も確認した上で業者選びを行うことをおすすめします。

完璧な解体工事を


やはり解体工事業者が最も多い東京の方が、競争も激しい分解体費用を抑えることができると思って、複数の業者から見積りを取りました。
しかし、最終的に最も安い見積金額を出してくれたのは横浜の解体工事業者で、遠方から工事に来るということで近隣対策を心配していましたが、そのような心配は無用で、完璧な工事をしてもらえました!

PageTop