解体工事は土木業経験者で|東京、横浜を中心に一般住宅からビル、工場、店舗、内装解体まで、解体工事のことなら山本建設株式会社にお任せください。

解体レスキュー

質問

解体工事は土木業経験者であれば出来るモノですか?

横浜の郊外にある古い平屋の家があります。以前、私の祖父母が美容室をしていて、店の奥を住居にしていたのですがあまりに狭く隙間風もひどい家だったため閉店してからは駅前に引越し、何年も空家になっていました。昨年、重い腰を上げて私の父が不動産屋さんに売却の相談に行くと、このままでは売りにくいだろうとのことで更地に使用ということになりました。古い平屋建物なので土木関係者であれば解体は難しくないだろうからと知り合いに頼むと父は言っています。そんな簡単なものでしょうか。何か法律で決まっていることなどはないでしょうか。

回答

解体工事はきちんとした許可を取り有資格者が行う必要があります

解体工事は誰が行っていいものではありません。まずは建設業許可または解体工事事業登録が必要です。また、作業者に必要な資格も多々あり、一つ一つの作業は資格取得者の存在がなければ実行できません。解体工事はやみくもに壊していくことと考えると危険で、隣接する建物を傷つけたり大けがに繋がりかねません。そして、工事の前には各関係官庁への様々な届け出が必要です。工事の依頼者側も工事を請け負う側も必要な届け出がありますが、解体工事を専門に行う会社であれば全ての手順を理解していますので安心して依頼出来ます。身近な人に依頼すれば気軽で経費も安く済むと思う方がいるかもしれませんが、しかるべき手続きを取らなくてはいけないことを理解しましょう。

PageTop