解体工事の見積りでチェックするポイント|東京、横浜を中心に一般住宅からビル、工場、店舗、内装解体まで、解体工事のことなら山本建設株式会社にお任せください。

解体レスキュー

質問

解体工事の見積りでチェックするポイントは?

横浜市内で信頼できてなるべく安く解体工事を請け負ってもらえる業者を探しているのですが、すでに2社からは現場を見てもらって見積書も提出してもらいましたが、金額にかなりの差があって困惑しています。
一方は金額的には安いのですが、見積書の内容がアバウト過ぎてその点に不信感を抱いていて、もう一方は項目は細かく書かれていますが、その内容が良く分からなくて、何よりも倍近くも金額が高いので、他の業者からも見積りを取ろうと思っています。
解体工事の見積書を確認する時に、チェックすべき項目を教えてください。

回答

諸経費もしっかり確認してください

工事の規模によっても異なりますが、解体費用で大きな差が生じるのが運搬費です。
重機を遠くから持ってくればそれだけで燃料費もかかりますし、工事現場の環境によって、使用できる重機も限られてきます。
解体工事現場では、近隣への配慮が欠かせず、騒音対策や周りにゴミが飛散らないようにしっかり養生をしなければいけません。
したがって、養生の仕方やその金額にも差が生まれます。
作業する人数や期間によって金額に大きな差が生じますので、作業費や人件費のチェックも大事になります。
産廃物の処理費用も、解体工事においてはとても大きなポイントです。その他にも、足場などの仮設工事費や樹木の伐採費用にも差が出ますが、諸経費の内訳は業者によって異なり、値引き可能な部分もあるので、そこの確認も忘れず行いましょう。

PageTop