解体工事前にやっておくべきこと|東京、横浜を中心に一般住宅からビル、工場、店舗、内装解体まで、解体工事のことなら山本建設株式会社にお任せください。

解体レスキュー

質問

解体工事前にしておかなければいけないことはありますか?

横浜に住む母の容態が最近あまり良くなくて、昨年末から入退院を繰り返していて、その度にお見舞いに行くのは問題ないのですが、家事が全くできない父のご飯の支度などもしてあげなければいけなくて、仕事にも悪影響が出て困っていました。
命には別状がないみたいですが、二人共70歳を大きく過ぎていて、今後も身体的にいろいろな問題は出てくることは避けられないので、妻ともたくさん話し合って、横浜の実家に移り住むことにしました。
夫婦共働きで、お互いの職場は東京ですが、妻の仕事は家でもできることが多く、私の職場は横浜からでも通うのにそれほど大変ではないので、こっちで一生暮らす覚悟を決めて、古い実家を建て替えることにしました。
そこで解体工事が必要なわけですが、工事前にしておかなければいけないことがあれば教えてください。

回答

荷物の処分とライフラインを止める必要があります

解体工事を行う際には、建設リサイクル法の届け出が必要になり、これは依頼者に届け出の義務があります。
その他にも、作業中にトラックを停めるための許可が必要な場合もあります。
しかし、届け出や許可関係に関しては、実際には解体工事業者が代行してくれるので、依頼者はそれがきちんとされていることを確認しましょう。
依頼者が行う実務は、家の中の荷物の処分と、水道やガスなどのライフラインを止める手続きです。

PageTop